読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きどたかのブログ

いつか誰かがこのブログからトラブルを解決しますように。

2016年 大道芸ワールドカップ in 静岡 初日

東京駅からひかりで1時間。

静岡に行きました。

大道芸ワールドカップのリピーターです。

自宅から脚立持参。

 

 

寸評をば。

 

コミックトリオ エクイヴォキー

非常に優秀。正統派コメディ。笑かしてくれます。こういうのを一本必ず見ておきたい。

 

 

ラソテッラ

何かの間違いか。本来男性含む3人なのに、女性2人しかいませんでした。技のバリエーションが減ってしまい、リピーターとしては満足できませんでした。過去に見た自転車モノではトップランクの芸を持ってます。

 

 

うつしおみ

日本人のエアリアルとはアラ珍しい。

エアリアルの技術が非常に高かったと思う。今後の活躍が期待されます。

 

 

イズマ

キレイ、カワイイ。AKBとかにいそう。

しかし和風マジックのはずなのにコンタクトジャグリングから入ってきたのが不満。

全体的にどこで拍手をすべきか悩む。

あと、道具が小さい。それは良くない。

ここで拍手、みたいに、客に拍手をしてもらう時間を与えてほしい。

この世界観の出し方は、屋外では不向きではないだろうか、コンクール向きに思える。

着物脱いだら華奢でした。

 

 

ジェフ ヘス

少し下品な笑いかな。あんまり好きになれなかった。笑える悪ふざけみたいな感じ。

 

 

カナ∞

とにかく元気、客の煽り方に慣れている。フープ芸に磨きがかかってる。見て損はない、いや見た方がいいと推薦していいレベル。

メイン広場で演技できるまでに成長したな。

なんかスイスで賞を取ってきたとか解説されてた。

もうほとんど完成形なんだけど、このあとどうするんだろね。

 

 

クロキキィブラザーズ

大道芸の中では演目が異色。レベル高く、ちゃんと笑わしてくれるし、スゴイと感じさせてくれる。しかし、持ちネタのオチ、途中で気付けたよ、その演目のオチのパターンは少ないから予想できる。でも世界各国で活動できると感じさせられた。

ここ数年、韓国のパフォーマーに感心させられる機会が増えてきた。

 

 

と、ここまで見たあとで、25周年記念特別企画 ザッツ 笑 タイムのチケットを購入。

当日券、初日は840枚も販売されてましたよ。

個人の結論を先に書いておくけど、買うほどの価値はなかったかな。普通のプレミアムのほうは完売してて、そっちのほうが見る価値があると思う。

 

 

開演の一時間前、開場の30分前くらいから並ぶといい。

夜は寒い。ほんとに寒い。寒さ対策をしましょう。野球のナイターを見るのとさほど変わらない寒さです。

ざっくりと500人くらいが来場していたんではないだろうか。

 

 

重複したパフォーマーを除いて寸評。

 

 

イェンタウンフールズ

古典だね。ほとんど古典だね。物足りなかったよ。でも小さい子供にはウケると思うんだ。

すごい長いやつは良かった。

 

 

フレイザー フーパ

客いじりの天才だ。

客が天才だ。

 

 

エル グラン ディミトリ

スベりまくってた。

日本人向きではない気がする。

 

 

ル ヴレ マジョー

んー、ディミトリほどではないが、評価は低い。

 

 

ハイドラゴン

昨年のチャンピオン。

エアリアルなんだけど、手放し多め、妙にゆったり。地味に難しいことをやってるような印象を受けた。他のエアリアルの人はけっこうスピード感歩く技も入れてるんだ。

変な角度で考えると、エアリアルより、おじいちゃんのアコーディオンが実はスゴイのかも。

 

 

エアリアルの技で目を惹くものの一つにこういうのがあります。上から下へ向かって歩くやつです。体は水平、足で布もしくは紐の上を歩くやつ。体重を手では支えてません、体に巻きつけた部分で支えて、歩く歩幅で緩めて、下に降りてくるんです。

 

明日もちょっとだけ見てきます。