読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きどたかのブログ

いつか誰かがこのブログからトラブルを解決しますように。

DB2 for z/OS JDBC Type2でよく見る失敗

いくつかのよくある失敗の話。


初期に一番多く発生するのは、
ssidを指定していない、
もしくは間違って指定している。
flowConnectとか出てたら疑う。


db2.jcc.ssidはType2で必要な設定。
データソースのプロパティにも出来るが、クラスタスコープのデータソースには適さないため、だいたいdb2.jcc.propertiesFileを設定し、ssidの設定はファイルシステム上に配備するのが妥当なやり方だろう。
エラーメッセージにSubSystem名が出ているなら妥当な名前か見るべきだ。
ファイルを用意したのは良いが、中の値を変えずに別システムにファイルを蒔いたというケースをたまにある。


ロケーション名を間違えてる可能性もある。ちなみにType2に、tcpipは関係ないからポート番号はどうでもいい。
ロケーション名は、ジョブログ見れば出てるし、DIPLAY DDFを叩いてもいいだろう。まあ、コマンドは権限絞られてるかもしれないのでジョブログで見るのが確実かな。


JDBCに必要なDB2パッケージを作ってないケースもあるだろう。
DB2Binderユーティリティーを使って作ってない。
そんな設定が必要だということを知らない人もいる。
推奨されてないがデータソースにplanNameを設定して繋ぐなら、たしかこれらのパッケージと含めるようにしないといけなかったはず。