読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きどたかのブログ

いつか誰かがこのブログからトラブルを解決しますように。

Times Squareでカウントダウンしてきた - 2013 New Years Eve

職場を午後4時すぎに出て、タイムズ・スクエアに向かった。

午後3時にチャットで言われなかったら正直行かなかっただろう。

だって何も調べてなかったからな、タイムズ・スクエアの場所や、

臨時列車が朝まで30分間隔くらいで出てることも。

しかし何事も経験だということで行ってみることにした。

 

午後7時にはグランド・セントラルに到着。

あー、急行だと1時間で着くのか、知らなかった。

 

この時点で52~56th stまで閉じてるのは調べていた。

だから、「室井さん、7th ave封鎖されてます」とかつぶやきながら

58th stまで歩いていって7th aveに合流。

6th aveから入るときに身体検査があった。(6th aveの西が7th ave)

カバン持ってたら中身をチェックされ、体は金属探知機が使用される。

 

午後8時になる前には7th aveに居たので、

しばらくすると午後8時のカウントダウン。

このとき54th stくらいまで南下できていた。

(けっきょく最後まで54th stでした)

こっから先、1時間おきにカウントダウン。

 

で、タイムズ・スクエアのイベントってどのへんだっけ?

46th stと47th stの間です。めちゃくちゃ遠い!

だから一切イベントの音とか聞こえてないですよ。

Ball DropのBallは、One Time Squareとかいう場所なので、

42th stと43th stの間ですかね。

Ballはかろうじて見えてました。

カウントダウントの表示も見えてました。

 

待っている間の話、、、

金髪の超美人が泣き始めたから修羅場かな?とか思ってたら、

しばらくして「kiss me」とか言い始めて、

それからイチャイチャパラダイス(NARUTOより)ですよ。

彼氏の方の男友達が食糧としてチョコを渡すと、

彼氏の方が口に含んで、そのまま彼女へ口移しとかですよ。

 

その他には、、、

7th aveに面したところに住んでる人のごく一部が始終騒いでました。

スーパーマンの人形等の空気で膨らませる類のものが何度降ってきたことか。

物投げるな、たとえそれが柔らかくても、

それを取ろうと人が動いて倒れたら危険だから、などと思った。

 

ホーンを鳴らす人が非常に多かった。

うん、うるさい。ここはサッカースタジアムかよと。

なんつーか、あまりも遠くて、誰もずっと正面見てない感じ。

友達同士で話しているのが普通で、そこに一人でおるのってアウェイだよね。

 

商魂たくましいピザ屋が20ドルでピザを売っていて

近くの人が買っていたのだが、超美味そうな匂いをさせてヤバかった。

トイレに行って帰ってくることもできんので

一切何も飲み食いせずにずーっと立っていて空腹であるから、

あのピザの匂いはヤバかった。

しかし20ドルは高い。こちらの相場なら10ドルだろう。

 

途中54th stを渡れるタイミングがおとずれた。

バリケードの右側(西側)を警官が開けたのだ。

押し寄せる波。しかし、渡れず。

近くにいた人がスーツケースを2つも引きずっており頓挫。

この人ら、イチャイチャパラダイスの男友達。

しかし、彼らはあとで警官に話して、

友達(彼氏+彼女)が向こう側に行っているので渡れないかと相談して、

見事向こう側に行ってしまったではないか・・・。

こんなところにスーツケース持ってくるとか、

まず日本人では考えられないな。

それよりも安全上の理由で警官が止めとけよと思った。

 

New Yearになると花火があがったな。前も後ろも。

前は省略するとして、後ろはセントラル・パークであがった。

セントラル・パークの花火の方が本格的なものであった。

ただ、こんなビルの隙間から見える花火に感動しろというのか。

花火自体は悪くない。日本のと比べても遜色ない。

 

警官の事も気になった。

なんていうかイヤー・マフ(耳あて)は流行ってるのか?

そういえば途中でNYPDの車が一台やってきた。

すると車はトランスフォームして屋台に変身。

おーい、警官専用かよw

 

一度トイレなどで出たら戻ってこれない、というのは建前で、

54th stを渡った人達は警官達と話して近くの店へ行って帰ってきていた。

ただ、それは54thを渡って集団のケツにおるからであって、

自分のように渡れずに集団の先頭に躍り出てしまったものには適用されない。

しかも先頭というのは超寒い。人混みの中の方が暖かくていい。

 

割り込み?と思うような人達は大勢いたのだが、

これはどうやらチケット(Ball Drop Pass)を買ってある人達のようだ。

そうだよね、あると思ってたけど調べて用意しなかった。

すごいフォーマルな格好をした人も中にはいて、

それはきっとParty Passのドレス・コードだったのだろう。

 

気温2度のなか4時間も立ちっぱなしで足が冷えて堅いアイスバーになった。

帰るときにまじめに屈伸したほどだ。

二度と行かない、もし行くとしてもチケットを買う。

それにいい場所取るには正午過ぎにはいないとダメみたい。

やはり家でストリーム映像見てる方がお得な気がするなぁ。

待ってる間は本当に何もすることがなくて、

「日本の経済はどうなるか・・・、公共事業は~、流動性の罠は~」とか考えてたし。

 

緑色のは信号です。

iPhoneで露出補正するとかきついよな。

でも明るいところをタップすると暗くなるらしい、露出補正あるの知らんかった。

それを知っていればこんな白飛びも避けられて、

カウントダウンの数字も撮影できたかもしれん。

 

それにしても宣伝はずっとTOSHIBAのターンだった。

TOSHIBAのディスプレイだからな・・・。

wikipediaで「引用元が求められている」けれども、

1時間1万ドルでレンタルできるのだとか。

うちの会社がここへCMを流す未来はおとずれるのだろうか・・・。

 

そんなこんなありまして、

あけましておめでとうございます

ことしもよろしくおねがいいたします