読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きどたかのブログ

いつか誰かがこのブログからトラブルを解決しますように。

湯沸かし器(Water Heater)に火が点かない理由を考えた結果

件の湯沸かし器はBradford WhiteのDefender Safety Systemです。


Bradford White Defender Safety System Water Heater

少々、ボタン類が異なりますが、図体は同じです。

 

<点火作業>

thermostat(温度調節器)を最弱に設定する。

gas control knob(ガスの元栓)を時計周りに回転させて(もし当てはまるなら部分的に押し下げて)OFFの状態にする。

自分の場合は、ONからPILOT、PILOTからOFFにする際に押し下げる必要があった。

ここで言うPILOTは「点火用」の意味。

5分間待って、余計なガスをなくす。

ガスが臭うようだったら、ちょっと待て、ヤバイからどこそこのマニュアルに従え。

OUTER DOORを外す。(点火が見える窓を覆ってるカバーです)

点火ボタンを確認。

INNER DOORについてる点火を見るためのガラスの覗き窓を探す。

gas control knobを反時計回りに回してPILOTにもってくる。

gas control knobを押し下げて(ずっと押しておく)、piezo igniter(圧電型点火ボタン)をクリック音が聞こえるまで押して、離す。(electrode(電極)から火花がでる)

pilot(点火バーナー)に火が点いてから、gas control knobを1分間押し続けたままにする。

gas control knobを離す。ちゃんと上に戻らないといけない。

pilot(点火バーナー)は火が点いたままでないといけない。

もし火が消えていたら、5分間待つところからやり直し。

 

これが無限ループして、ボタンを押し続ける手が痛くなった。

どうやっても点かない。

 

原因を考えた。

 

どうやら点火バーナーは棒状のものを温めているようである。

 

それはthermocouple(サーモカップル、熱電対(ねつでんつい))である。

厳密にはサーモカップルの温接点になるだろう。

このサーモカップル自体が燃えるわけではない。

サーモカップルが温められると、ゼーベック効果とやらで熱起電流が発生する。

この電流を用いて、磁力で内部のガス弁を引っ張って開放させ続ける。

これは逆に言うと、火が消えたら閉じて、安全を確保している。

ガスの元栓を押し下げてガスを通していることから、

内部の弁は磁力により下側へ引っ張られないといけない。

ガスの元栓を離したときに火が消えてしまうのは、

内部の弁を開けておくだけの磁力が発生しておらず、

バネの力に負けているからだろう。

1分温めればいいところ、もう少し十分な時間温めたが結果は同じであった。

これらのことから、このサーモカップルが機能していないことが予想できる。

 

日本人の方の書いてることをみると、

サーモカップルは最低保障時間が3000時間くらいらしい。

すると最低125日ってことだな。4ヶ月ちょっと。

たしか引っ越してきてすぐにダメになって修理してるから、

8ヶ月半くらい経過している。

うむ、きっと壊れてるんだろう。

 

なんでこう寒いときに壊れるかな。

しかも時期が時期だから修理に来てくれるか怖いんですけど。

 

日本でこんな目にあうことは無いだろうから

きっと別の手法を使っていると思われる。