読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きどたかのブログ

いつか誰かがこのブログからトラブルを解決しますように。

J1ビザの延長はどうやるの?

J1 Exchange Visitorのトレーニーも、もうしばらくで11ヶ月経とうとしてます。

訳あって、J1ビザ/DS2019を延長出来ないか?と、

Cultural Vistas(AIPT)にメールで聞いてみました。

これが最善策です。

 

すると、2つのファイルが送られてきました。

  1. Cultural Vistas Extension.doc
  2. Cultural Vistas Midterm Evaluation.doc

1つ目のファイルは、いろいろなフォームが混ざってました。

  1. Extension Qustionnaire
  2. Training/Internship Plan Outline
  3. Fee Payment Form

あと、表紙部分(Extension Questionnaireの1ページ前)にも

名前とかを書く箇所があり、かつ必要書類のチェックリストになっている。

2つ目のファイルは延長でなくても書くやつですね。

 

ホスト企業側に答えてもらうアンケートが発生。

このアンケートのフォームはどこにも置いてないと思われる。

Extension Quetionnaireはホスト企業側が書く必要がある。
ざっくり訳すとこんな感じだ。

  1. なんで延長するの?参加者のキャリアに役に立つの?詳細を書いてよ
  2. 肩書きと給料が変わる?変わるなら書いてよ
  3. 今のスーパーバイザは誰?
  4. トレーニングの実施場所は?
  5. 延長期間の終わりはいつ?
  6. 参加者の現在の住所は?
  7. 参加者はすぐに米国外へでる?(再入国にはビザ更新が必要だよ)
  8. 移民局(DHS)にビザスタータスの変更とか申請したことある?

 

追加のトレーニングプランが必要。

自分の場合、社会人で自分専用に特注されたプランなわけで、

一番初めにトレーニングプランを作ってもらうのも大変な思いをしていた。

それをまた行えというのは少々厳しい。

もともと無意味な延長は防止されなければならない。

だからこれは至極とうぜんの話です。

やる事が変わるからアリかなと思ったけど、

正直、これをやって自分に何かが身に付くってのがイメージ湧かず。

それってただの作業じゃん。トレーニングじゃないよね。

参加者のキャリアに役に立たないなら、

周りがJ1ビザの延長を望んでもオレは断っていいはずでしょ。

 

Midterm-Evaluationの提出。

これはフォームも公開されてるやつで、

なんかちょちょいとかける代物。

 

保険料とか申請料が発生。

初回の申請でもあったやつ。

米国に住んでるから、小切手も手元にあるんで、

もし延長の処理を進めていたら小切手使ってただろうな。

でも、会社への経費の請求がどうなるか心配になるよね。

領収書とか貰えないからさ。まあ、カードでも同じか。

 

色々なコピー。

コピーに関しては、さすがに卒業証明とかは省かれていた。

  • DS2019
  • 当初のトレーニング・プラン
  • I-94
  • ビザ
  • パスポート

基本的に必ず持っているはずのものしかない。

出国して帰国時に機内でI-94を書き忘れてたら話は別だけどね!!

そんなことになってたら青ざめてください。

 

DS2019が切れる2週間前にはCultural Vistasに申請が必要

最低でも2週間前って話です。

もっと余裕をもって行動しないと無理です。

新しいのが届くまでに古いDS2019が切れていたとしたら、

米国に滞在している理由を証明できないだろうから。

当然切れてるのに延長とかは考えられない。

 

DS2019とJ1ビザは別物

J1ビザ自体は、Cultural Vistasが出してるわけではないので、

一旦出国して大使館へ行かないといけないでしょう。

まあ、当然新しくなったDS2019とか必要だろうよ。

旅行とかで出国することがないなら、

ビザなしで生活するってのも選択肢だとは思う。

DS2019があれば、なぜ米国にいるのかは証明できるはず。