読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きどたかのブログ

いつか誰かがこのブログからトラブルを解決しますように。

友達の披露宴および二次会でカメラの勉強になった

ストロボなしで結婚式二次会で写真を撮るのは至難の技だ。



シャッターすら下りなくて、すんごいストレスを感じた。


新郎のお兄ちゃんにアドバイスをもらいつつ色々設定をいじった。
一番効果があったのが、F1.4の単焦点レンズに変えたことと、
Tvでシャッタースピードを1/100に固定したこと。


F値優先がAv?
シャッタースピード優先がTv?
説明書読めよって話だな。
Mで、F値とシャッタースピードの両方を固定させたつもりが、なんか固定出来てない印象を受けた。


暗いとAFがお馬鹿になるのかな?
てんでピントが合わないので、途中からMFにしたりとか面倒だったよ。


えーと時間をさかのぼり披露宴。
披露宴で初めのうちは、写真を撮るのを遠慮してました。
お坊さんだらけで、ある種の厳かさ漂うなか、華麗なフットワークで場所を確保して良いものか…。
カメラを持った自分を知る人は少ない。
まあ、結局本性は隠せず、どこにでも現れてました。
会場のカメラマンさんと、「そのカメラ欲しいんですよー」的な会話が交わされたりとか。
Welcomeボードを撮ってたんですが、ミッキーとミニーも一緒に入れたくなって、配置をいじりました。
配置が変わったままだったんですが、会場のカメラマンさんがその配置で撮ってましたね…。


広島では一眼レフ人口は少ないのかも知れない。
東京で自分の周りの人間がやたらと一眼レフを持っているだけかもしれん。


とりあえず、ストロボを買うべきだ。


あとは、F値の高いズームレンズを調べること。
きっ高いんだろうな。
F2.8のズームレンズを探そう。
F値に幅はいらないや、F2.8固定で、焦点距離で選ぼう。
F値固定ってことは、明るさは基本的にシャッタースピードで調整か?
ISO感度も関係あったはず??
まあ、ISO感度は忘れてしまえ、そんなもんまでいじらないって。


独身だから、湯水のように趣味にお金をかけられるぜ。