読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きどたかのブログ

いつか誰かがこのブログからトラブルを解決しますように。

AdminServiceでWorkManagerのThreadPoolの情報を取ってみた。

うーむ、いけてない。

通常、アプリケーションはJNDI名でWorkManagerをlookupすることになるんだけど、
AdminServiceでWorkManagerを取得するには、
WebSphere:name=WorkManager.DefaultWorkManager」って感じの書き方が必要になる。


AdminService自体がIBMのパッケージなので、
サーバーサイドアプリケーションがIBMに依存してしまうのは致し方ない気もするが、
ここの名前の部分が著しくイケてない!!


AdminServiceはサーバーサイドで使うやつ。
IPとかPortとか書かなくていいから楽ちんではある。


AdminClientはまあ、どこかしらから通信するんで、ネットワーク系の設定を書かないといけない。